お通夜・葬儀・告別式の順番と役割!?

通夜・葬儀・告別式の順番と役割を解説します

先日知人に「葬儀と告別式ってどっちが正しい言い方なの?」と聞かれました。
お通夜、葬儀、告別式は全くの別物です。

「明日の葬儀は11時からです」とか「明日の告別式は11時からです」とか
葬儀屋さんによっても伝え方が違うので、混同している方も多いと思います。

それぞれ行う順番は、以下の通りです。

初日→お通夜(夕方始まることが多いです)
翌日→葬儀、告別式を行います

葬儀と告別式の違いについて解説していきます。

葬儀について

お坊さんが来て故人を送るための儀式です。
内容は
・お経を唱えてもらう
・戒名を授けてもらう
故人様が、あの世の良いところへ連れてってもらえるように執り行う儀式になります。

告別式について

葬儀の後、一旦仕切り直して、
故人様と対面して、お花を手向けたり別れを告げたりするのが告別式です。

もともと、告別式の始まりの時代背景は

墓地までの道のりに葬列をなしてお別れをする時間でした。

昔、教科書に『夏の葬列』という教材がありましたよね。

元々は、あの場面が告別式でした。

時代の移り変わりとともに

これが時代の移り変わりとともに火葬場に霊柩車で向かうようになりました。

なので、告別式というものを設けて、故人様と最後のお別れをするようになりました。

葬儀屋さんが葬儀の際に、「これより〇〇様の葬儀、告別式を執り行います」と司会します。

これが、葬儀と告別式を混同している方が多い原因だと思います。

お通夜について

ここからは少し戻ってお通夜の話をしたいと思います。

本来のお通夜

お通夜とは仮通夜と本通夜という言い方とやり方の違いがあります。

多くの人が自然と使い分けていますが、そこも解説していきたいと思います。

仮通夜というのは、人が亡くなった際に家族や親戚で故人様とひっそり夜を過ごすことです。

寝ずにろうそくやお線香の火を絶やさずに過ごします。

元々、お通夜の始まりは諸説あって断言はできません。

死者が蘇るかもしれないからとか、遺体を食べに来る獣から遺体を守るためだったと言われています。

現代のお通夜

現代では、ご遺体を葬儀社に預けることも多くなっているので、仮通夜は省略されることも多くなっています。

仮通夜の翌日に皆さんに来ていただく本通夜を行います。

しかし、すぐに本通夜ができないことも多いです。

現代は葬儀会館でお葬式を行うことが多いです。
さらに火葬場の空き状況を踏まえると本通夜が4日ほど先送りになることが多いです。

冬場など人が多く亡くなる時期は、1週間も先になってしまうことが珍しくありません。

まとめ

順序としては、
亡くなった当日に仮通夜を行います。
数日後にゆかりのある方と本通夜を行うことになります。
本通夜の翌日には、葬儀と告別式を行い火葬場に行きます。
こうした一連の儀式のことを通して、お葬式と言っています。

参考になった。迷いが晴れた、より不安になってしまったという方もご安心下さい。

ベルコ千歳にお電話いただければ、生前の相談にも緊急の連絡にも対応できます。

下記の電話ボタンからお気軽にお問い合わせ下さい。

ベルコ千歳の終学教室

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。

毎年、日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」教室を行なっております。

お問い合わせボタンから電話やメールで問い合わせてみて下さい!

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。毎年日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。もし、私達の取り組みが、あなたにとって今を生きるための知恵や活力になれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA