スタッフブログ
敬愛の心で特別な人生の卒業式を
370596049 811985460718395 5592777391205297959 n 夏の甲子園
◯夏の甲子園◯
こんにちは、千歳シティホールです。
暑さが連日続いていますね〜。
今年も高校野球が大いに盛り上がりましたが、コロナ禍に入ってから高校入学した子たちの甲子園。
今大会は神奈川代表慶応義塾高校が宮城代表仙台育英高校の連覇を阻みました。
優勝校の慶應義塾は107年ぶりの優勝、頭髪は自由、また「enjoy baseball」のスローガンを掲げていることでも話題になりました。
「enjoy baseball」とは「楽をして野球する」「ヘラヘラしながら野球する」という意味でなく、「自分で考えてプレイして、もっと挑戦しようという精神」の意味だそうです。
厳しい規律やルールがありながら、プレーする人たちの考えの方向性を持って厳しい練習に取り組み、研鑽を積んだそうです。
また決勝で対峙した仙台育英も1回戦から優勝候補の強豪との対戦が続き、昨年より1試合多い形で決勝戦を迎えました。
最後は決勝で力尽き、涙を飲みましたが、仙台育英・須江監督の「グッドルーザー」の名言も話題となりました。
「負けた時に人の価値が出るから、負けた時に相手選手に全力で拍手を送ってほしい。」
選手たちは負けて悔しかったと思いますけれど、こうして相手の実力や健闘を称える姿に感動を覚えた方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
野球に対する見方・考え方も時代により変化があるかもしれません。
ただ、ベンチ入りが叶わなかった部員がいる中、スタンドの仲間、ファンの応援を受け取り、ナインもベンチも全力プレー。
ここについてはいつの時代も変わらないものかと思っています。
私達の仕事、また仕事全体にも通ずるものがあります。
どの仕事に於いても変化なり、過渡期というものが存在します。
ご葬儀に対する考え方、ご葬儀自体も急激に変化をしています。
基礎・基本を学び、伝え、変化に対応していくこと。
個人として、企業として今後、
「何が足りず、何を補って行かなければならないのか?」
を考えて実行する、気付き一生懸命に取り組む。
「心」「技」「体」の充実を目指し取り組んで参ります。

最後に、実はお葬式は終わってからも大変です

  • 供養、お返し物の準備
  • 不動産関係の手続き
  • 銀行関連の手続き
  • お骨の行先、お焚き上げの準備
  • 公的機関の手続きなど

様々な儀式や手続きがあります。

最後は、宣伝?の様なものになってしまって心苦しいですが、ベルコ千歳では

「お葬式後のアフターフォロー」に力を入れて、地域に根付いて20年間、地元の葬儀屋さんを営んで参りました。

事前のご相談、お葬式のご相談、是非是非ご気軽にお問い合わせ下さい。

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。


毎年、日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。


ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」教室を行なっております。お問い合わせボタンから電話やメールで問い合わせてみて下さい!


ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。毎年日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。

もし、私達の取り組みが、あなたにとって今を生きるための知恵や活力になれば幸いです。

上部へスクロール