スタッフブログ
敬愛の心で特別な人生の卒業式を
409061391 871644538085820 1008878567680492016 n 夏目漱石氏の忌日の日
いつもご覧頂き、ありがとうございます🙇
12月9日は、「夏目漱石氏の忌日の日」でした😊
夏目漱石は、慶応3年(1867年2月9日)生まれの、明治時代の小説家です。小説「こころ」は高校現代国語の教科書の定番でもあり、誰もが一度はその作品に触れているのではないでしょうか😆
近代文学史上、漱石は明治の大文豪ですがその活動期間は意外に短く、処女作「吾輩は猫である」を執筆したのは38歳、死により未完で終わった「明暗」執筆は49歳の時でした😌
あの正岡子規を親友に持ち、お弟子さんには、芥川龍之介もいたそうです🙇
また、日本に初めて、「印税」というシステムを作り、それまで作家が得ることが出来る収入が、出版社が1作品ごとに買い取る原稿料のみで、作品が人気になりたくさん売れたとしても、作家がその分の売り上げを貰うことはできなかったものを、この制度のおかげで、弱い立場だった作家の収入を安定させることに成功し、作家の立場が高くなり、小説家を志す人々も大いに増えました😌
次世代への道を作り、後進の指導にも力を注いだ、純文学の大家に改めて敬意を表したいと思います😌

最後に、実はお葬式は終わってからも大変です

  • 供養、お返し物の準備
  • 不動産関係の手続き
  • 銀行関連の手続き
  • お骨の行先、お焚き上げの準備
  • 公的機関の手続きなど

様々な儀式や手続きがあります。

最後は、宣伝?の様なものになってしまって心苦しいですが、ベルコ千歳では

「お葬式後のアフターフォロー」に力を入れて、地域に根付いて20年間、地元の葬儀屋さんを営んで参りました。

事前のご相談、お葬式のご相談、是非是非ご気軽にお問い合わせ下さい。

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。

毎年、日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」教室を行なっております。お問い合わせボタンから電話やメールで問い合わせてみて下さい!

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。

もし、私達の取り組みが、あなたにとって今を生きるための知恵や活力になれば幸いです。

上部へスクロール