メニュー

遺されたご家族の想い~気づかされること~ - 2015.06.10

遺されたご家族の想い~気づかされること~

 
20150610
 
本日のテーマは『遺されたご家族の想い~気づかされること~』
 
信仰されている宗教・宗派により、考え方とは異なるもの。
 
しかしながら、亡くなられた人を想い、
考えさせられることは必ずしもあるものです。
 
これは、あるご住職のお話…
 

「大切な方とのお別れとは、たとえどんな状況であっても、
辛い・悲しい、想いは一緒です。
それぞれの宗教・宗派で考え方に違いはありますが、
人の死とは、“ひとつの学び”ではないでしょうか。
死とは他人事ではないということ、大切な方への想いが
こんなにも大きいものだった、ということ…
そして、向き合って欲しいのです。
“遺された自分達が、これからの人生をどう生きるか”を。
《1日1日を大切に、亡くなられた方の分まで
人生を全うしよう。胸を張って生きていこう。》
生きていることは、当たり前ではないのです。
深い悲しみを乗り越え、大切な人を想いながら
今ある命を大事にして欲しい…そう願います。」

 
計り知れない悲しみから、立ち直るきっかけにして頂きたい。
 
弊社はそんな想いで、ご葬儀のことをこう呼びます。
“悔いのない特別な人生の卒業式”
 
遺されたご家族様が新たな一歩を踏み出せるよう…
これからも、全力でサポートさせて頂きます!