メニュー

ご葬儀後のご供養 ~必要となるもの~その2 - 2015.06.23

ご葬儀後のご供養 ~必要なもの~2

 
0623
 
本日のテーマは昨日に引き続き『ご葬儀後のご供養~必要なもの~』
 
仏式において、ご葬儀の際にもお供えする
“御霊供膳(おりくぜん)”をご存知ですか?
 
ご葬儀後にも、初七日から四十九日までのお参りや
年忌法要などで御霊前・御仏前にお供えする
小型のお膳のことを言います。(浄土真宗以外での使用です)
 
お魚・お肉・臭い強い食材の使用は避けるのが基本。
いわば、精進料理!5つの椀に盛り付けていきます。
 
「親椀」にはご飯
「汁椀」にはお吸物やお味噌汁
「平椀」には煮物
「ツボ椀」には和え物
「高杯」にはお漬物
 
また、亡くなられた方がお好きだった食べ物があれば、
別の器に盛り、お供えしましょう。
 
心あるご供養のキーワードはやはり「習慣」です。
時代の移り変わりから、簡略化されることが多い昨今。
 
しかしながら、節目を無事に迎えるまでの間、
御霊供膳をはじめとするお供え物も欠かさないこと、
お線香をあげ、手を合わせること…
どのお宅でも当たり前のようにされていること。
 
亡くならた方を想い大切な習慣を守り続け…
節目節目を迎えたいものですね!