メニュー

『ご家族様の心の整理 ~お客様のお話より~』 - 2015.09.11

本日のテーマは『ご家族様の心の整理~お客様のお話より~』

 

0911

 
故人様がお使いになられていたお布団、四十九日までの白木位牌など、
ご葬儀を境に“お焚き上げ”を必要とするものがありますね。
 
また、それを機会に故人様と縁のある品々の整理を始める方も多くいらっしゃるのを
お見受けいたします。
 
これは、あるお客様のお話…
 
「葬儀後、遺品整理をしていると妻が好きだった洋服や着物、縫い物に使っていた生地が
たくさん残っていた。焚き上げに出そうか…
 
しかし、姿・形をなくなってしまうのは、妻の意に反するのかもしれない。
何か活かせることは出来ないかと考えた結果、過去に災害のあった地域や、
ボランティア団体へ寄付することに決めました。」
 
現在は、その段取りを行っているということです。
「まるで、妻に背中を押されているようだ」
そうおっしゃっていました。
 
故人様が遺されたものをお焚き上げすることも、活かそうとすることも…
ご家族様にとっては、ひとつの節目として“心の整理”へと繋がっていくものなのかも…

 
そう思わずにいられないエピソードです。