メニュー

『本当にあった人生の卒業式~旅立つ父に伝えたかった想い~』 - 2016.01.22

本日のテーマは『本当にあった人生の卒業式~旅立つ父に伝えたかった想い~』

事故

 
「行ってくるよ」
その日、散髪へと出掛けたご主人様。
最愛のご家族様と暮らすご自宅へいつものように元気に帰ってくることはありませんでした。
 
それはあまりに予期せぬ不慮の事故…
現実を受け止め切れず深い悲しみに包まれたご家族様。
施主となられた息子様もそのお一人でした。
 
会葬者の方々に対し、誰よりも毅然とした振る舞いでお一人お一人に頭を下げられていた姿が
とても印象的でした。
 
告別式・最期のお別れが終了し、いよいよ棺を閉じようとしたその時…
息子様が棺に身を寄せ、惜しむように故人様に触れ、泣きながらこうおっしゃったのです。
 
「俺が息子で良かっただろ?父さんの息子は俺でないと務まらないんだから…
母さんのことは心配いらないからな!」
力強い言葉に背中を押されるように故人様は旅立っていかれました。
 
“父へ伝えたかった想い”
それは、故人様の息子であることへの誇りと遺された家族を守っていく決意。
「悔いのない人生の卒業式」とは故人様だけでなく、遺されたご家族様にとっても
なくてはならないものなのだ
と改めて感じた私達スタッフ。
 
息子様は、お父様との絆を胸にこれからも強く・強く…生きていかれることでしょう。
心から応援したいと思います。