メニュー

『旅立ちを象徴するアイテム~“棺掛け”のお話~』 - 2016.04.21

本日のテーマは『旅立ちを象徴するアイテム~“棺掛け”のお話~』

棺掛け

 
皆様は「棺掛け(かんがけ)」をご存知でしょうか?
それは、ご葬儀で必ず目にするもの…
お棺を御安置する際に掛けられる色鮮やかな布のことを指します。
 
では、掛けることにはどのような意味があるのでしょうか?
宗派により違いがありますが、仏教の考え方によりますと …
棺掛けとは、お寺のご住職が身につけている“お袈裟(おけさ)”に見立てたものなのだそうです。
 
故人様は仏様のお弟子となって極楽浄土へと旅立たれます。
《お弟子になる=仏門に入る》という意味合いの元、お袈裟代わりに棺掛けを掛けて差し上げるのだそうです。
 
「安らかでありますように…」と願うご遺族様に見送られ、新たな旅立ちを迎える故人様。
お体を清め、お化粧をし、身なりを整えて差し上げるのと同様に旅立ちのためのお支度として必要不可欠なアイテムなのだと言えますね。