メニュー

『北海道独自の一般常識!繰り上げ法要を行う意味~』 - 2016.04.26

本日のテーマは『北海道独自の一般常識!繰り上げ法要を行う意味~』

繰り上げ法要

 
先日お届けした還骨法要は全国的に行われる儀式ですが、北海道内のほとんどは「繰り上げ法要」も合わせて行いますね。
 
繰り上げ法要とは…
七日ごとの法要をご葬儀当日に繰り上げて行うこと。
 
「全国共通!」と思われる方も多いようですが、これは北海道に根付いた独自の進行・一般常識なのだそうです。
 
そのルーツを紐解いていくと、開拓地・北海道における人々の“相互扶助の精神”が深く関わっていました。開拓で日々多忙なためにご葬儀後、再び集まる機会を設けるのはとても難しかったのだそう。そこで、「皆が集う葬儀の中で法要を行なおう」と中陰法要をまとめ・繰り上げる風習が生まれました。
 
少し視点を変えてみると…
《家族だけでなく、関わりのあった皆でお参りしてあげたい》という
“故人様への弔い”
“故人様への敬意”
をも感じる習慣と言えますね。