メニュー

『悲しみの心に染みる言葉~宗教者様の“お説教”~』 - 2016.07.19

本日のテーマは『悲しみの心に染みる言葉~宗教者様の“お説教”~』

法話

 
仏式などのご葬儀においてお通夜の際、ご遺族・参列者に向け宗教者様からの“法話”があることは皆様もよくご存知かと思いますが…その深い一言一言に「心を打たれるようだった」というご感想を持つ方が大変多くいらっしゃるのをお見受けします。
 
これはあるご葬儀でのお話。
お亡くなりになったのは3人の子ども様を持つお父様、ご住職様はこんなお説教をされました。
 

法話

 
「永遠の別れとは辛く、計り知れないものです。しかし、お父様は教えてくれたのではないでしょうか。“親の死とはこうゆうものだ”と。この悲しみを乗り越えて強く生きていかれるあなた達の姿を今度はお父様に見せてあげてください」
 
涙ながらにうなづかれている子ども様達のお姿が大変印象的でした。
 
《人々を導く言葉》
考え方・感じ方は人それぞれであっても、送る側の心に、そっと寄り添い導いてくださるお説教。
私達も耳を傾けておりますが、大変有難いものだと感じています。

replica uhren kaufenreplique montre suissereplique montres de luxeImitazioni orologi italiafutbalove dresyFussball hallenschuhevoetbalschoenen saledetské kopačkyBillige fodboldtrøjer tilbudBilliga Fotbollströjor Barn
ブランドiphoneケースコピー