317865575 644150397501903 1196960874035059742 n 仏衣について

仏衣について

317865575 644150397501903 1196960874035059742 n 仏衣について
本日は、仏衣についてお話致します。
納棺の際に故人様にお着せする着物のことを「仏衣(ぶつい)」と言います。 全身真っ白な色をしているのが一般的です。 別名「死装束(しにしょうぞく)」とも言われますが、仏様の衣を身に付けていただきたいという思いを込めて、〝仏衣〟とよんでいます。
死装束が白い理由は、紅が出生の意味を持つのに対し、白は死を意味すると考えられているからです。 また、白は清らかなイメージがあり、綺麗な状態で浄土へ出発してほしいという思いの表れとも言われます。 また、今では黒い喪服が一般的ですが、かつては喪服は白かったともいわれています。
仏衣の着せ方として、仏衣・経帷子は“左前”になるように着せます。 死後の世界は生きている世界と真逆の関係だといわれているため、通常は右前で着付けている着物を左前にして故人に着せるのです。 このように現世の習わしとは反対にして生者と死者を区別することを「逆さごと」といいます。
私たちのビジョン…
『敬愛の心で悔いのない特別な人生の卒業式をお約束致します。』
家族葬のご用命は一日一組貸し切り型施設を千歳に4施設と長沼に1施設ございます。

最後に、実はお葬式は終わってからも大変です

  • 供養、お返し物の準備
  • 不動産関係の手続き
  • 銀行関連の手続き
  • お骨の行先、お焚き上げの準備
  • 公的機関の手続きなど

様々な儀式や手続きがあります。

最後は、宣伝?の様なものになってしまって心苦しいですが、ベルコ千歳では

「お葬式後のアフターフォロー」に力を入れて、地域に根付いて20年間、地元の葬儀屋さんを営んで参りました。

事前のご相談、お葬式のご相談、是非是非ご気軽にお問い合わせ下さい。

ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。


毎年、日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。


ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」教室を行なっております。お問い合わせボタンから電話やメールで問い合わせてみて下さい!


ベルコ千歳では、人の死・自らの死を通して「今を素敵に生きる」を考える「終学」に力を入れています。毎年日本では2万人もの方が自ら命を絶ってしまいます。

人の死とそれに直面するご家族様、ご親族様と向き合ってきた私達は、いつしか自分自身の人生も大切にするようになりました。

もし、私達の取り組みが、あなたにとって今を生きるための知恵や活力になれば幸いです。

ベルコ千歳ホール一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA