メニュー

『十五夜~中秋の名月~』 - 2015.09.27

本日のテーマは『十五夜~中秋の名月~』

 

名月

 
子どもの頃、こんな話を聞いたことがありませんか?
“月では、うさぎがお餅をついているんだよ!”
 
満月をよく見てみると…
その様子が描かれているようにも思えてきたのは、
誰にでもある秋の想い出ではないでしょうか?
 
2015年の十五夜は、9月27日!
冷たい空気により空が澄み渡り、美しく晴れ渡る夜空を臨むことのできる秋。
 
この時期に出てくる満月を「十五夜・中秋の名月」と呼びます。
 
お月見の始まりは、平安時代。古い歴史と共に人々が見上げた満月!
 
江戸時代に入ると、“月の満ち欠けと共に作物も成長していく”
月は縁起の良いものと考えられるようになりました。
 
「秋の収穫を喜び、感謝する祭り」
そのひとつとして、十五夜が広まっていったそうす。
 
「名月や池をめぐりて夜もすがら」
(夜空の月・池に映る月影を池の周りを歩きながら見ているうちに一夜を過ごしてしまった)
 
松尾芭蕉が心奪われた名月。
時が過ぎるのも忘れてしまうほど…
 
いつの時代も変わらない人々にとっての和み・癒しなのですね!