メニュー

世界が注目する和食~精進料理のお話~ - 2015.10.15

本日のテーマは『世界が注目する和食~精進料理のお話~』

 

和食

 
日本が誇る「和食」は2013年に無形文化遺産に登録され、
世界中から注目される食べ物となりました。
 
同時に、いま見直されているのが「精進料理」です。
 
動物性の食材を一切使わず、米・野菜・海藻などの植物性の食材だけを使用し、
ネギやニラなど香りが強いものも避けるのが一般的。
 
「美食を戒め、粗食をし“精神修養”に努める…」
仏教における精進の思想がルーツとなったお料理。

 
ご供養でお供えされる“御霊供膳(おりくぜん)”には
必ず精進料理が盛られます。
 
“素朴な味付けで、体に優しくまるで心が落ち着くよう…”
昨今では、一般の方へ精進料理を提供するお寺やお店なども増え始めているようです!
 
和食の歴史とは、自然の恵みから生まれた精進料理の存在が礎(いしずえ)となっていることは
言うまでもありません。
 
《自然の生命力に心から感謝》
精進料理とは、“自然そのものに感謝する心を忘れてはいけない”
 
そんな気づきを象徴するお料理なのかもしれませんね。