メニュー

『想い出多き、お庭~あるお客様のお話より~』 - 2015.12.05

本日のテーマは『想い出多き、お庭~あるお客様のお話より~』

思い出の庭
 
今年の夏、奥様のご葬儀を担当させて頂いた後、
ご主人がひとり暮らされているご自宅には7日ごとに必ずアフターフォローのため、
お伺いしておりました。
 
ご自宅には、広々としたお庭があり
ある日、そのお庭を見つめながら、ご主人がこうおっしゃいました。
 
「今は荒れ果ててしまったけれど、昔はこの庭ではたくさんの花や果物を育てていたんだ。」
 
元々はご主人の退職後、時間を無駄にしないようにと始められたお庭いじり。
しかし、それが奥様の楽しみへと繋がっていたそうです。
 
「きれいな花が咲くたび、ブドウやキウイが実をつけるたび、妻はとても喜んでいたんだ。
病を患ってからは妻に付きっきりで手つかずになってしまったけど…
心が落ち着いたら、今度は妻への供養としてまた始めてみようと思っているよ。」
 
ご主人様にとって、最愛の奥様の笑顔を生み出した“想い出多き、大切なお庭”
 
ご供養のため…とおっしゃったご主人様のお言葉から、
新たな一歩を踏み出されたことを実感したのです。

 
いつまでも脳裏に焼きつくその尊い想い出の数々を大切にして頂きたい…と願うばかりです。