メニュー

『改めて知っておきたい知識~“数え年”の意味とは~』 - 2016.02.26

本日のテーマは

『改めて知っておきたい知識~“数え年”の意味とは~』

 

数え年

 
「数え年」とは、生まれた年を“1歳”として年齢を数える方法であることは
皆様ご存知かと思います。
では、なぜご葬儀や宗教の場だけでこの数え方が使われているのかを改めて知っておきましょう!
 
私達は、元旦に年神様をお迎えし年神様から1年ずつ年を頂いています。
数え年=尊い年の塊、「神様に感謝を表す年齢の数え方」
という意味があるのです。
 
また仏教などでは、
「子どもがお母さんの胎内にいる時からすでにひとつの命として尊ばれ、年齢に加える」
と考えられています。
 
満年齢が主流の現代で、簡単に捨てがたく…
守り続けたい伝統・文化のひとつだということがよくわかります!
 
「数え年の意味」
とても有難い数え方であることを忘れずにいたいものですね。