メニュー

『学びの場・心の勉強会レポート!』 - 2016.07.06

本日は早朝より行いました『学びの場・心の勉強会レポート!』

 
この度はあるドキュメンタリー映画を鑑賞をさせて頂きました。
そのテーマとは…
全てのもの・ことは必然、全てのいのちには意味がある
 
障害・病気をハンディと思わずひとつの個性として向き合い夢を持ち・強い心で生きる、そんな人々と触れ合ってきた主人公。
それぞれのエピソードを交えて《ひとりひとりが大切でかけがえのない命であること、それを生かす大きな力》をリアルに描いている作品でした。
 
“五体満足、健康な体で生きていることは当たり前ではなく大きな奇跡。私達は生かされている!”
人として初心に返り、本当に多くのことを考えさせられました。
 
同時に…尊いいのちの最期とはどれほどかけがえのないものか、
立ち会わせて頂く私達がどうあるべきか、
改めて振り返ることができたのです。
 
「自分の大切な人と思い心を込めて精一杯その使命と向き合う」
それは、旅立つ故人様のため。
新たな一歩を踏み出されるご家族様のため。
感動的な映画の鑑賞を機に更に全員が一丸になることができました。
 
充実した時間を過ごせたことに感謝の想いでいっぱいになった私達なのでした。